豆知識

コンプレッサーの基礎知識と種類

  • 商品
  • 日付:

「コンプレッサーとその分類」

コンプレッサーとは「気体を圧縮して圧力を高め、連続的に送り出す装置」
のことです。
取り扱う気体の種類または圧縮方式、構造等により次のように分類されます。

1、 圧縮する気体(ガス)による分類

取り扱う気体(ガス)の種類によりエアーコンプレッサー、あるいはガスコンプレッサーに分類されます。さらにガスコンプレッサーは取り扱う気体(ガス)の名称等を取り、例えば、水素ガスコンプレッサー、窒素ガスコンプレッサーなどと呼ばれることもあります。
一般的に、多くがエアーコンプレッサーです。

2、 圧力範囲による分類

(1) 送風機・・・吐出圧力が約10kPa未満のもの。
(2) ブロワ・・・吐出圧力が約10 kPa以上0.1MPa[G]未満のもの。
(3) コンプレッサー・・・吐出圧力が約0.1 MPa[G]以上のもの。
(4) 真空ポンプ・・・大気圧より真空状態を得るもの。

3、 圧縮原理による分類

(1) 往復式(レシプロ)・・・ピストンの往復運動で気体を圧縮させる方式。
(2) 回転式・・・ケーシング内の回転ローターで気体を圧縮させる方式。
(3) 遠心式・・・インペラ(羽根車)の遠心力で気体を圧縮させる方式。
(4) 軸流式・・・翼を回転させて気体を軸方向に流して圧縮させる方式。

4、 潤滑方式による分類

(1) 給油式・・・シリンダやスクリュー内部に油を注入し、圧縮熱の冷却、
         内部潤滑およびシールの作用を行うもの。吐出される圧縮空気
         の中には、オイルミストが含まれます。
(2) ドライオイルフリー式・・・シリンダやスクリュー内部に潤滑油・水などの
                   一切の潤滑及び冷却・シール材を注入しない
                   コンプレッサー。吐出される圧縮空気の中には、
                   オイルミストが含まれません。

(3) 水潤滑式オイルフリー・・・スクリュー内部に水を注入し、圧縮熱の冷却、
                内部潤滑及びシールの作用を行うもの。
                吐出される圧縮空気の中にはオイルミストが
                含まれません。

5、 冷却方式による分類

(1) 水冷式・・・ケーシングやクーラーに冷却水を流し、冷却水により潤滑油・
         潤滑水及び圧縮された空気を冷却する方式のコンプレッサー。

(2) 空冷式・・・自然放熱及びファンでケーシングやクーラーに通風して、冷却  
         風により潤滑油・潤滑水及び圧縮空気を冷却する方式のコンプレッサー。


   

以上正しく理解し、お仕事に合ったコンプレッサーを選びましょう。


弊社では各メーカーコンプレッサーを取り扱っております。
御相談頂ければメーカー・機種共に最適のコンプレッサーを選定させて頂きます。

Page Topへ